センタービレッジ10年史 | 熟女人妻最強メーカー センタービレッジ

センビレ10年史
設立から現在までのセンタービレッジの歩みをご紹介します。
年度 センタービレッジの歴史 アダルト業界熟女の流れ
1999年 ・センタービレッジ設立
 設立当初は制作会社としてたった一人でのスタート。主に熟女もの作品を請け負う。
2000年 ・制作、監督などをする傍ら、自らメーカーを立ち上げる。
2001年 楽園レーベル第一弾「中出し熟女」「バーチャル近親相姦」発売。大ヒット作品に。
聚楽レーベル「酔いどれ」シリーズ発売。これも続けて大ヒット。
   
友田真希友崎亜希楠真由美らの人気により「熟女」というジャンルが確立。
2002年 花園レーベル「人妻慕情」「昭和の女」発売。
甘粕十郎監督の「春夏秋冬」レーベル、赤木剛監督「」レーベルスタート。
・DVD販売開始。
   
2003年 赤木剛監督のレーベルから、本格ドラマもの「母親失格」シリーズ販売開始。
甘粕十郎監督「東南西北」レーベルがスタート。
下平あや「初撮り人妻ドキュメント」(聚楽レーベル)が年間売上第一位になる。
≫詳細  ≫詳細
2004年 花園レーベルにて初のぶっかけもの(やさしいおかあさん ぶっかけて編)、レズもの(ベルサイユ女姦)を発売。
・「完熟母婦」シリーズスタート。
里中亜矢子の人気に火がつく。
里中亜矢子「年増のお母さんが癒してあげるわ」(聚楽レーベル)が年間売上第一位になる。
≫詳細  ≫詳細
紫彩乃長瀬優子里中亜矢子野宮凛子らの人気で「熟女」ジャンル定着。
2005年 センビレ新聞発行開始。
・VHSでの生産終了。
・VHS希望者続出のため通販にてダビングサービスを開始。
野宮凛子「中出し近親相姦」(春夏秋冬レーベル)が年間売上第一位になる。
花園レーベル「熟女童貞狩り」シリーズスタート。
里中亜矢子野宮凛子が大ヒット。
≫詳細  ≫詳細
2006年 ・新宿から「おばあちゃんの原宿」巣鴨にオフィスを移転する。
加納丈二監督、仲尾恋太郎監督デビュー。
海山輝一監督、徳川一声監督がセンビレ参戦。
・センビレ公式ムック本(DVD付/里中亜矢子の表紙)第一弾が発売。
柊麗子「中出し近親相姦」(春夏秋冬レーベル)が年間売上第一位になる。
≫詳細  ≫詳細
翔田千里村上涼子望月かな松本ありさ志村玲子ら人気。
・熟女ブーム到来。
2007年 ・マニア志向「センビレマニア」レーベル始動。
・『大人になったらセンタービレッジ。』が新キャッチコピーになる。
湯沢多喜子村上美咲山本艶子らの五十路熟女が大人気。
湯沢多喜子「五十路近親相姦」(楽園レーベル)が年間売上第一位になる。
≫詳細  ≫詳細
2008年 ・新プロジェクト「こまち」スタート。
・新公式サイトでの配信販売「センビレTV」スタート。
北原夏美桜庭怜香高坂保奈美らの美熟女大人気。
品川すごろく監督、紫音監督による「」レーベルスタート。
桜庭怜香「続 友達の母親」(花園レーベル)が年間売上第一位になる。
≫詳細  ≫詳細
北条麻妃時越芙美江北原夏美艶堂しほり高坂保奈美佐藤美紀ら人気沸騰。


pic
2009年 ・「熟女マンスリー」スタート。
大西豊多田亮と続いた「初撮り」シリーズの三代目監督に中谷五郎が就任。
・オリジナル「熟女好きです。」Tシャツ製作。
センビレ専属女優大募集開始。
携帯で熟女動画が楽しめるモバイルダウンロード単品先行販売開始
おかげさまで10周年!ありがとうございます!
 センビレ10周年記念作品~熟女とその歴史~8時間2枚組 ≫詳細
ページの先頭へ
一般の応募はこちら 出演者の声 Q&A